選挙は身近です

日本の政治と司る議員と議会の首長を決める選挙には、マスコミ報道などで全国的に注目を浴びる国政選挙(参議院議員選挙や衆議院議員選挙)の他、地方自治体(道府県・市区町村)が実施する地方選挙があります。

4年に一度の選挙と言われますが、地方選挙の場合、議会数が数千にわたる多さであり、しかも、任期満了日の違いなどから、『全国的に見れば、毎月・毎週』ごとに実施されている現状です。

毎週のように、どこかで、選挙権が行使されているということです。

以上の選挙の種類を大きく括れば以下のとおりです。

  • 衆議院議員総選挙
  • 参議院議員通常選挙
  • 一般の選挙(地方選挙)

以上の選挙は基本的に決められた任期ごとに実施されますが、国政選挙・地方選挙共に、任期ごとという順当な選挙の他に、特別に実施される選挙があります。

参照:我孫子市議会議員選挙 結果 速報 2019

それは次のとおりです。

  1. 選挙のやり直しや当選人の不足を補う為の『再選挙』
  2. 様々な理由による議員の不足を補う為の『補欠選挙』
  3. 議員の数を増員する取り決めに対応する為の『増員選挙』

これら特別な選挙を含めると、地方選挙の実施回数(全国的な)は、さらに増えることになります。

国民一人一人の選挙への関心・無関心には関係なく、実生活の未来を決する選挙が『いつもどこかで実施されている』という身近な事実は良く認識しておくべきだと思います。



PVランキング